勉強するクセをつければすぐにTOEICのスコアは上がる。「自分ができるわけ無い」そんな思い込みを打破し、まずは、始めてみよう。

社会人になると、時間が無いので、強制的に最低一日1時間はTOEICの勉強時間に当てるように意識づけを行う

具体的には

1)喫茶店に行って、学習する

2)学習中はスマホをOFF

3)分らない単語は電子辞書で調べる

とにかく、勉強できる空間、条件を作ることが大切。

リスニング強化から始める

リスニングはスコアが上がりやすい。何故かと言うと「受動的な学習方法中心」でいけるからだ。何回も何回も、気が狂うほどに同じセンテンスを聴きまくる。リーディングほど意識的に「読む」行為は発生しない。(全く発生しない、とは言わない)通勤時間中に聴きまくって、喫茶店でセンテンスを読んで確認する。

聴くのが主で読むのが従である

このため、少ない負担で、スコアが上がるのだ。

次に初心者向けの本を選ぶことの大切さについて触れたい。

イキナリ TOEIC公式問題集は無理

TOEIC公式問題集はスコアのアップに効果的ではある、。しかしそれは中級者(600~)以上の話。

TOEIC公式問題集

初心者は問題量とレベルの高さに圧倒されて、初めの数ページを読んで終わりだ。学習が挫折する可能性がある。よって、初心者向けの本を選ぶのが良い。

初心者向けリスニング教材は何を使ったらよいのか?

おススメ本はスクールの教材としても使っている

TOEICテスト公式プラクティス リスニング編

この本はアマゾンで初心者からの評価が高い。

TOEIC公式問題集よりシンプルなセンテンスを多用していて初心者向きである。この音声をスマホに入れて聴きまくろう。

*たまに骨のあるセンテンスも登場するが、どうしても分らない場合はクラブティ東京に入学しよう。