何故日本人講師なのか?

文法、語彙、学習方法、全てにおいて、英語を学んだ日本人だからこその苦労、アイディアを共有することが初心者にとって英語を勉強する上で効率的なのである。

外国人から教えてもらうことは否定はしないが、もし外国人から教えてもらうならば、相当の日本語力が必要である。簡単な日本語が話せるが、少し複雑な説明が必要になるととっさに英語になる講師がいる。
私の経験では欧米系の講師は特にその傾向があるように思う。

英語学んでいる初心者が英語で説明されても、初心者は困惑の笑みを浮かべるだけだ。

TOEICの講師はどうか?

極論を言えばTOEICは日本人と韓国人くらいしか受験しない試験なのだから、ほとんどの外国人講師は回答テクニックを持ち合わせてはいない。

問題傾向

各設問のここ1~2年の傾向を語れるか?

時間管理

リスニング終了後リーディング各設問の時間配分案があるか?

長文対策

長文(パート7)についての対策をもっているか?

新形式対応

特にパート2とパート7の難化にどう対応するのか?

おそらく、TOEICをほとんど受けたことの無い外国人講師は上記の問題に日本語で答えられないだろう。TOEICは純粋に英語のテストであると同時にいかに早く問題を処理するか?のテストでもある。
この点でも初心者は何回もTOEICを受験した日本人講師から学んだほうが良いのである。