TOEICを全く受験したことが無い場合は、TOEICを受験してください。現在のスコアがいくつなのか把握します。ちなみにTOEICは適当にマークしても200点は取れると言われています。とにかく受験して、結果を確認しましょう。

さて、恐らく、英語不得意な方には残念ですが、初回で600は獲れないでしょう。そして既に受験されてる方も600獲れていないとの前提で話を進めます。

ここで以下のサイトをご覧ください。

参照:TOEICスコアと真の実力
http://englishspace.net/toeic3.htm

600獲るためには、実力で500+まぐれで100が必要だそうです。

私も過去の受験時の感覚的なモノから信用できる推論であると考えています。

そこで500を実力でもぎ取るために何が必要なのか考えてみます。

学習時間の確保

3ヶ月間、1日最低1時間(できれば2時間)の英語を勉強する時間を作る。

具体的な学習方法

1)語彙の習得

TOEICで語彙といったら、「金フレ」しかない、と言っても過言ではありません。こちらを、気が狂う、一歩手前まで何度も何度も繰り返して記憶してください。初心者は精神的に自分を追い詰める感覚がないと500でも厳しいです。「面倒。。やってらんない」的な気持ちを強烈に抑えつつ、何度も何度も単語も読み、聴き(音声をダウンロードしてスマホ等に入れておく)、口に出して、時に書いて、記憶に努めます。

2)文法の理解

TOEICで文法といったら「新TOEICテスト 文法問題 でる1000問」なのですが、初心者には難しすぎるのでお勧めしません。「いきなりスコアアップ! TOEIC(R) テスト600点英文法集中講義」(集中講義)で良いでしょう。こちらを何度も繰り返し解いて、理解していきます。文法は熟読しながら、なんでこの答えが正解なのか「理解」しながら、進めます。初心者は「集中講義」の入門編から読んでしっかり理解していきましょう。

語彙にしても文法にしても、ひょっとしたら、「知りたい答えの解説がよく分からない。答えとは別の英文なんだけれども、それが難しくて、気になって手につかない」なんてことがあるかもしれません。そんな時は「クラブティ東京」の門を叩いてみてください。

今回はこれで終わり。

次回では

3)リスニング問題に慣れる

4)集中的に問題を解いて慣れる(Part1/2/3/4/5/6)

5)Part7 練習問題。Part7 は後半捨てても良から(適当にマーク。塗り絵)、前半食らえ付きながら解く

についてお伝えします。